スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SKL】水底【剣遼】

2015.09.20 00:00|SS
 ――沈んでいる。沈んでいく。
 ゆらりゆらりと揺れている水の中。苦しくない液体のまん中。
 目を開ければ陽光が水に反射して少しばかり眩しかった。
 俺は安らいでいた。ここは穏やかだから。誰も俺を脅かせないから。
 こちらに向かって泳いでくる人影があった。俺は漂いながらその人間を待っていた。
「よお」
 水の中なのに、はっきり声が聞こえる。何も不思議なことじゃない、ここは夢なのだから。
「寒くねえか」
 大丈夫だと頷いた。ここはあたたかいところだから。凍えるなんてありえない。
「退屈してねえ?」
 お前がいるから退屈ではないな、と返す。それなら良かったと海動が寄り添ってきた。
「溺れそうだな」
 それでもいいさ、と手を繋いだ。お前と一緒に溺れるのなら、きっと孤独になることはないだろう。
 夢は続く。生まれる前のわずかな記憶。深く深く沈んでいく。
 やさしい夢が、現実になればいいと思った。




穏やかな夢の中で、という感じ
読んでくださってありがとうございました
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

雪渓

Author:雪渓
スパロボ大好きなゲーマー腐女子。清く正しく変態をこじらせ中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。