FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SKL】当たり前で大事なもの【剣遼】

2014.12.07 19:52|SS
「お、真上。おかえり」
 ソファに座った海動がこちらを見、犬の尻尾でも振るように上機嫌で笑う。
 この部屋に海動が居ついたのはいつからだったろうか。もう随分経つ気がする。
 何度となく繰り返された「おかえり」と「ただいま」のやり取り。帰る家などなかった俺にとっては馴染みのない言葉だった。
 一ヶ所に留まる生活はしていなかったし、何より誰かをそばに置くことを嫌ったため、そんな当たり前のことが俺には分からなかった。
 それはきっと、海動も同じであったはずなのに。
 当然のようにここにいて、俺の帰りを待っていて。
 俺もまた、海動の帰りを望んでいて。
 殺風景だった部屋には物が増えた。無駄な物と割り切っていた物が、大切な物になった。
 帰る家なんていらないと思っていた。
 だけど。
 今、お前がここにいる。
 なんだか「家族」みたいだ、と。
 知らないくせにそう思った。
 思って、笑って。
 それも悪くはないな、と。
「どうしたよ、真上」
 怪訝そうに人の顔をまじまじと見てくる海動に、皮肉さを消した笑みを向けた。
「いや、なんでもない。ただいま、海動」
「ん、おかえり」
 俺が帰る場所。
 それは多分、お前の隣なのかもしれない。


――――――――――――

何気ないけど大切な日常のひと時
書いていてなんだかあったかくなりました
読んでくださってありがとうございました
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

雪渓

Author:雪渓
スパロボ大好きなゲーマー腐女子。清く正しく変態をこじらせ中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。