スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SKL】恋をすれば人は変わる【剣遼+由木ちゃん】

2015.03.13 00:01|SS
「ねー翼見てよこれ!!」
「ちょっ、声大きい…」
 仲の良い同僚がテンション高く端末を見せながら話しかけてきた。
「これ! 我ながらベストショットだと思うんだけど、どう思う!?」
「どれどれ?」
 端末を覗き込んでみたら…信じられない、あの、初対面でばっちり「怖い人」というイメージが私の中に植え付けられ、今も不動のあの真上特務中尉が…!!
「わ、わ、笑ってる…っ!? しかも普通に!?」
「でしょ!? たまたまこれ撮れた時はもうびっくりでさあ! ん~、もうイケメンの笑顔たまんない!」
 黄色い声を上げながら同僚はぴょんぴょんと飛び跳ねた。……そういえばこの子、真上中尉のファンだったっけ。
「これはお宝ものだから、翼にも分けたげる!」
 そう言って彼女は勝手に私の端末にコピーしたデータを送ってきた。他のファンの子にも見せるのか、はしゃぎながら彼女は駆け出していった。
「私がもらったってどうしようもないんだけど…」
 画像を映した端末を見ながら歩く。それにしても、見れば見るほど別人みたい。いつもしかめ面だし、まとう雰囲気は怖いの一言だし。
「きゃっ!」
「うおっ」
「あ、すみませ…って海動中尉ですか」
「人にぶつかっといてなんて言い草だテメエ」
 乱暴な言葉を吐きながらもぶつかった拍子に落としてしまった端末を拾ってくれる。と、その時海動中尉の表情が変わった。
「…由木」
「はい?」
「これ、どうやって撮った?」
「それ私じゃないですよ、同僚が撮ったのを押し付けてきたんです」
 きょとんとしながらも端末を受け取る。すると、海動中尉は私の前で拝んできた。
「頼む! それ俺の端末に送ってくんねえか!?」
「へっ!?」
 いきなりこんな態度を取られては困惑するしかない。
「な、なんで欲しいんですか?」
「真上が普通に笑うのって滅多にねえからだよ! なっ、頼む、お願い!!」
 このまま了承しないと廊下の真ん中で土下座しかねなかったので頷く。
「やりい!」
 なんとも分かりやすく喜ぶ姿につられて笑う。子供みたいな人だなあ、とこっそり思った。
 海動中尉の端末に写真のデータを移してあげると、彼はもうご満悦な様子。
「可愛い…」
「はい!?」
「なんだよ、俺が可愛いって言っちゃなんかおかしいか!?」
「いえ全然滅相もありません!」
 ちょっと顔が赤い。もしかして、照れてるんだろうか?
「…アイツには、内緒だからな」
「どうして?」
「俺が真上を好きだってバレるじゃねえか! いいか、ぜってえだぞ!」
「はあ…」
 上機嫌そうに端末を見つめながら歩く後ろ姿を見送る。誰かにぶつからなければいいんだけど、と余計な心配をする。
 それにしても、驚いた。まさか海動中尉が真上中尉を好きだなんて。
 顔を合わせるたびにケンカしてたのに、どういう心境の変化なのかしら。
 その数ヶ月後、海動中尉のノロケ話に延々と付き合わされるのはまた別の話。


――――――――――――

何気に初めてっぽい由木ちゃん視点…!
こんな感じのやり取りがあったらいいなって思ったので書いてみました
真上ちゃん、普通に笑ったら本当にきれいな人だと思うんですがどうですか
読んでくださってありがとうございました
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

雪渓

Author:雪渓
スパロボ大好きなゲーマー腐女子。清く正しく変態をこじらせ中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。